アルミニウムの電解研磨

真空装置等に使われるアルミ部品は放出ガスを嫌うため、アルマイト等のポ-ラスな皮膜よりも緻密な皮膜を電解研磨により形成します。電解研磨により表面層を数ミクロン溶解することにより、清浄な表面が得られます。

半導体関連部品、医薬品関連部品等の不純物の混入を極端に嫌う部品には、電解研磨後にさらに精密洗浄を行います。

アルミチャンバー等、精密アルミ加工メーカーとも協力体制が整っていますので、部品製作からのご依頼もお受けいたします。

 

 

 

クラス

1000

クリーン

ルーム内

 

 

 

 

 

 

現品、図面、現品票による数量、材質の照合。外観チェック(傷、打痕、腐食等)を行います。

水系洗浄剤により加工油等を取り除きます。

 

比重管理、温度管理された液中で電解研磨を行います。

温度管理、圧力管理、時間管理を徹底して行います

温度管理、時間管理を徹底してマスカットを削除します。

市水により洗浄します。

RO水を高圧ジェットにより吹きつけます。

10MΩ・cm以上の純水にて洗浄します。

10MΩ・cm以上の温純水にてシャワー洗浄します。

クリーンエアーにて水分を除去します。

電解研磨ムラ、シミ、傷、打痕のチェック後特注ノンパウダーPE袋にて二重脱気梱包します。

図面、現品票との照合、員数確認後出荷致します。

上記工程は精密洗浄を付加した行程です。

電解研磨のみのご用命の際はRO水洗によるクリーンルーム外作業となります。